古生物復元模型大会ブログ。ロゴイラスト(ダンクレオステウス)は守亜和由紀さんによるものです。
by tf-paleo
TF古生物模型展示室とは
ここは、
「恐竜模型展示室」主催・ふらぎと
「AEG自然史博物館」主催藤森英二による
古生物立体復元模型の展示室です。
基本的に不定期に行われる統一テーマのもと、皆様からお送り頂いた復元模型を紹介しています。

尚、公共性の高い内容であるため、本ブログの主旨にそぐわない内容や、他人への中傷ととれるコメントは警告なしに削除いたしますので、ご理解下さい。

イラスト提供アクアプラント
カテゴリ
お知らせ・その他
絶滅魚類大会
絶滅哺乳類大会
ペルム紀大会
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「絶滅哺乳類大会」開催です

お待たせいたしました。
徳川・藤森企画による「第2回・古生物立体復元模型大会 」
絶滅哺乳類大会<暁新世~中新世限定>
参加作品の発表です。

ペルム紀の次ということで、ジュラ紀や白亜紀を予想(あるいは期待)していた方もおられたようですが、このような企画となりました。
実は当初から「作品集まらなかったらどうしよう」という不安もあったのですが、
結果的に私どもを含め11名による16作品のエントリーとなりました。
特に賞品も何もない中、ご参加本当にありがとうございました。

さて、参加された方もそうでない方も、ぜひ沢山のコメントをお寄せ下さい。
一緒に太古の旅にでかけましょう!
[PR]
# by tf-paleo | 2009-06-18 23:15 | 絶滅哺乳類大会

藤森英二「エピガウルス」

e0133764_20243551.jpg
e0133764_20255534.jpg
e0133764_2027112.jpg
e0133764_20282962.jpg
エピガウルス
学名:Epigaulus sp.
材料:ファンド
スケール:1/10
大きさ:約3.5cm(上半身のみ)

 角のあるリスとして有名な(?)、エピガウルスです。何となくプレーリードッグっぽく表現される例が多いのですが、頭部(特に顎)の骨格や筋肉は、むしろ現代のヤマビーバーに近いそうなので、その辺りを意識はしています。ただそれが表面に出ているかどうかは、微妙ですね。体毛のモールドは、金属ヤスリの削り目を利用しています。
 大きな爪から、巣穴を掘ったと言われていますので、それを再現すべく上半身のみとしました。決して下半身まで作るのが面倒だった、とかいう事ではありません(いや、多分)。
 尚、この生物には別の属名を当てる場合もあるようですが、今回はEpigaulus sp.で。
 
[PR]
# by tf-paleo | 2009-06-01 09:13 | 絶滅哺乳類大会

藤森英二「カリコテリウム」

e0133764_2014439.jpg
e0133764_20152065.jpg
e0133764_20162018.jpg
e0133764_20172258.jpg
カリコテリウム
学名:Chalicotherium sp.
材料:ファンド
スケール:1/10
大きさ:肩の高さ約16cm

 奇妙な前肢で有名な(?)、カリコテリウムです。系統的にはウマやバクに近いということで、特に顔付きなどはそれらを意識しています。
 さて、問題の前肢ですが、大きな勾爪も含め、高所の枝をたぐり寄せたり、時にはバキッと折ったという役割を想定してみました。それを視覚的に表現するため、ディオラマ風にしています。
 地面もほぼファンド。草はほうきの先と紙紐から。木については、幹は庭先に落ちていた実際の枝、更に本物の小枝を介し、針金にモデリングペーストと紙紐で凹凸を付けたものに、やはり紙紐を伸ばして作った葉をつなげています。
 もともと短い毛に覆われていたと考え、長い毛の表現になってしまうモールドは極力避け、金属製の小型やすりの削り目をそのまま利用してみました(この方法はエピガウルスの方ではっきりご覧頂けるかと)。
 但し塗装は失敗。いつものようにアクリル絵具の負で塗りですが、黄色味が余りに強いのと、各色の境界線がハッキリし過ぎたことで、生物として「ウソっぽい」感じが拭えませんね。個人的に手直ししたいところです。
[PR]
# by tf-paleo | 2009-06-01 09:12 | 絶滅哺乳類大会

あおむらさき「エンボロテリウム」

e0133764_221330.jpg
e0133764_2213464.jpg
e0133764_2215151.jpg

e0133764_2215146.jpg


名称 エンボロテリウム
学名 Embolotherium (奇蹄目ブロントテリウム科)
大きさ 頭尾長 約22.5センチ
材質 ラ・ドールでだいたいの形を作って、表面のディテールはファンドでつけています。

今回のエンボロテリウムは体毛を有りにしようか、無しにしようかちょっと迷ったのですが、首の上のほうと
わき腹にだけ毛が生えているという、すこし中途半端な感じにしてみました。
最近、本で見たスマトラサイの写真がヒントになっています。

あおむらさきプロダクトという個人サークルで、ワン・フェスに参加したりしています。
徳川さんとはワン・フェスの会場で1~2回お会いしたことがあると思います。
以前は古生物のキットも作っていたのですが、最近はカメやネコ、ウサギなとの模型を作って売っています。
今回ひさしぶりに古生物の造型をしました。
[PR]
# by tf-paleo | 2009-06-01 09:10 | 絶滅哺乳類大会

山本浩司「ダエオドン」

e0133764_23521643.jpg
e0133764_23522441.jpg
e0133764_23523158.jpg


作品名:ダエオドン
学名:Daeodon
大きさ:29cm
材質:スカルピー、ドールヘア
アピールポイント:猪豚亜目エンテロドン科だそうです。頬やあごにへんなでっぱりがある、特徴的な顔をしています。丈夫そうな歯は、いちばんがんばって作ったところです。咬み合わせがうまくいくように作ってあります。ちなみに後ろからのアングルによりオスであることがわかります。
[PR]
# by tf-paleo | 2009-06-01 09:10 | 絶滅哺乳類大会