古生物復元模型大会ブログ。ロゴイラスト(ダンクレオステウス)は守亜和由紀さんによるものです。
by tf-paleo
TF古生物模型展示室とは
ここは、
「恐竜模型展示室」主催・ふらぎと
「AEG自然史博物館」主催藤森英二による
古生物立体復元模型の展示室です。
基本的に不定期に行われる統一テーマのもと、皆様からお送り頂いた復元模型を紹介しています。

尚、公共性の高い内容であるため、本ブログの主旨にそぐわない内容や、他人への中傷ととれるコメントは警告なしに削除いたしますので、ご理解下さい。

イラスト提供アクアプラント
カテゴリ
お知らせ・その他
絶滅魚類大会
絶滅哺乳類大会
ペルム紀大会
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ケロビム・hiro 「ロドケタス」

e0133764_21461797.jpg

e0133764_22254248.jpg
e0133764_21464987.jpg
e0133764_21465792.jpg


作品の名称 : ロドケタス
生物の学名 : Rodhocetus
大きさ : 3m
材質 : 3DCG (ツール/3DStudioMAX)
アピールポイント :
鯨と獣の中間といった様子に惹かれて、ロドケタスを作成しました。
骨格の側面図を主に参考にしています。

尾部は、尾びれがあるとする説がある一方で、尾びれの無い復元図も多く、迷いましたが、椎骨が腰骨と癒合せず、鯨のように動かせる構造から、尾ビレのある説を採用しました。ですが、推進力の主体は、まだ比較的大きな後ろ足のようなので、尾びれは未発達だろうと思います。そこで形は、現生鯨類ように三日月形ではなく、ゆったりと泳ぐマナティーと、イルカの中間くらいの、半端な形にしてみました。

画像のうち、一つだけ陸に上がったときのポーズになっています。
[PR]
by tf-paleo | 2009-05-30 21:48 | 絶滅哺乳類大会

一応のまとめ

どうも、今大会主謀者の片割れ、徳川です。

いや~~~~、大変だったんですよ~~~。
何がって、参加作品へのコメントが。
日頃馴染んでいる恐竜でさえ、そんなに詳しいとは
自信を持って言えないのに、今回は哺乳類ですからね。
本やネットで何度も調べながらのコメント書き。
特に『絶滅哺乳類図鑑』(丸善)、これには本当にお世話になりました。
そもそも、この本が無ければ絶滅哺乳類を大会の題材に
選ぶ事も無かったかも知れません。
これだけあらゆる哺乳類のデータが、しかも各動物に
復元画まで付いて紹介されている本、恐らく一般書レベルでは
洋書でも無いかと思います。
「今は特に絶滅哺乳類に興味はないよ」って方でも、
古生物に興味があるのなら買っておいて損は無いですよ。

今回、私は以前に製作した作品も含め4体出品している訳ですが、
反省点というか、お詫びというか、、、、
「毛のない奴ばっかりでゴメン」。
毛有り哺乳類で狙っていたカリコテリウムは
藤森さんが早速手を上げて、他の方ならともかく
主催者でネタが被っちゃ気まずいし、
他のネタだと、コレ!というのに限って思うように資料が集まらないし。
いざ、参加作品が集まって、毛有りの動物の造形を選んだ方は
皆さんやはり毛の表現で苦労しているのを見ると、
ホント申し訳ない!って気持ちです。

さて、この絶滅哺乳類大会はここからが始まりとも言えます。
皆さんで御互いの作品を見て、コメントをし合って、
さらに知識を深め、自分の造形欲を刺激して、次の作品の糧と
してもらう、そうなれば主催者として嬉しい限りです。
もちろん、参加者以外からのコメントもお待ちしておりますので。

次はどんな題材でやりましょうかね~。
[PR]
by tf-paleo | 2009-05-29 23:15 | 絶滅哺乳類大会

第2回・古生物立体復元模型大会 開催のお知らせ

お待たせいたしました。
絶滅哺乳類大会
<暁新世~中新世限定>
                        開催です。

趣 旨
様々な地質時代の生物を立体化し、お互いの技術や見識を高めつつ、「こんな生物もいたんだね」ということで盛り上がる。今回は絶滅哺乳類がテーマ。

応募条件
プロ・アマ問わず、古生物復元に興味があり、これを形にしてみたい方(出来る方)。

作品規定
絶滅した哺乳綱の生物を題材にした立体復元模型、若しくは3DCG作品。但し今回は暁新世~中新世までの生物とします。中新世と鮮新世にまたがって生息の場合はOKです。また、少なくとも属レベルで特定出来ていることが必要最低条件となりますのでご注意下さい。
・立体模型部門:大きさ材質は問わず。上の条件に合う生物の立体模型。
・3DCG部門:パソコン等により、三次元的に復元した上の条件に合う生物のCG作品。

応募方法
・立体模型部門:完成作品の写真(なるべく鮮明でいくつかの方向から撮ったもの)に作品の名称、生物の学名、大きさ、材質、アピールポイントなどを添えて、メールにてお送り下さい。
・3DCG部門:3Dのデータではなく、JPEG画像としたものを募集します。生物の学名、アピールポイントなどを添えて、メールにてお送り下さい。

応募のメールは全て徳川宛てで。但しファイルは適度な大きさを心がけて下さい。 もちろんお名前(必要な場合はバンドルネーム)もお忘れなく。
また上記の規定に従っていないものは、応募頂いても参加をお断りすることがありますのでご注意下さい。

締切り 2009年5月末日

企画・運営
徳川広和:「恐竜模型展示室」主催
藤森英二:「A.E.G自然史博物館」主催

参加作品は当ブログ上で発表。自分の作品を多くの方に見てもらえるチャンスです!どしどしご応募下さい。
[PR]
by tf-paleo | 2009-05-17 18:07 | お知らせ・その他

主催者からの伝言その2「締切り間近となりました」

 さて、いよいよ「絶滅哺乳類大会」も、締切りまで二週間となりました。この場で、あるいはご自身のブログなどで参加を表明して頂いているかもおられますが、どんな力作がそろうか、今から楽しみです。
 もちろん、このような大会や、あるいは模型やCGの作品づくり自体が初めての方もおられるかも知れません。そのような方のご参加も、もちろん大歓迎です。ここは特に優劣を付ける場ではありませんので、ぜひ作品を通して、知識や技術、そして人の和を広げていきましょう。
 もし参加を迷っている方がいたら、どうぞ遠慮なさらずに。相談もお受けしますよ。

 では皆様お待ちしています!
[PR]
by tf-paleo | 2009-05-17 18:05 | お知らせ・その他