古生物復元模型大会ブログ。ロゴイラスト(ダンクレオステウス)は守亜和由紀さんによるものです。
by tf-paleo
TF古生物模型展示室とは
ここは、
「恐竜模型展示室」主催・ふらぎと
「AEG自然史博物館」主催藤森英二による
古生物立体復元模型の展示室です。
基本的に不定期に行われる統一テーマのもと、皆様からお送り頂いた復元模型を紹介しています。

尚、公共性の高い内容であるため、本ブログの主旨にそぐわない内容や、他人への中傷ととれるコメントは警告なしに削除いたしますので、ご理解下さい。

イラスト提供アクアプラント
カテゴリ
お知らせ・その他
絶滅魚類大会
絶滅哺乳類大会
ペルム紀大会
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「絶滅魚類大会」まとめ

いや~~~~、大変だったんですよ~~~。
何がって、参加作品へのコメントが。

と、前回(「哺乳類大会」)の時と全く同じ出だしですが。

前回も大変でしたが、今回はそれに輪を掛けて大変でした。
絶滅哺乳類に関しては「絶滅哺乳類図鑑」という、その分野全般を
扱い、また日本語で読める本があるため、そこを基点にいろいろ資料も
調べられたんですが、今回は個人的に哺乳類以上に不慣れな魚類、
しかも主要な参考書籍は洋書、という事で、皆さんの作品にちょっとコメント
したくても、その題材の情報集めるだけで結構な時間と労力が。
でも、そのお陰で随分勉強になりました。

というか、絶滅魚類なんてお題じゃ、さすがに今回はそれほど
参加作品も多くないだろう、とちょっと高を括っていたトコロも。
そしたら、意外(?)にも多くの作品が、そしてそれぞれが拘りの
造形のため、コメントも手抜き出来なくなってしまいました。

ちょっと残念だったのは、投稿作品の中にサメがない事でしょうか。
私自身も含めて、皆さん「誰か造るだろう」と牽制しすぎたネタだったのかも。
それはそれで、この大会のノリを良く理解して頂いている、という事かも
しれませんが(笑)。まぁ、そういうネタ選びの駆け引き(?)込みでの
この大会、ですね。

次回は、まだ何も考えてませんが、今回よりももうちょっとコメントが
楽な題材にしたいな~、とか思いつつ、多分また後先見ずの
ネタ選びになるんだろうなぁ、、、、。(徳川)
[PR]
by tf-paleo | 2010-11-30 11:13 | 絶滅魚類大会
<< ~久正人先生より記念イラスト~ 第3回・古生物立体復元模型大会... >>