古生物復元模型大会ブログ。ロゴイラスト(ダンクレオステウス)は守亜和由紀さんによるものです。
by tf-paleo
TF古生物模型展示室とは
ここは、
「恐竜模型展示室」主催・ふらぎと
「AEG自然史博物館」主催藤森英二による
古生物立体復元模型の展示室です。
基本的に不定期に行われる統一テーマのもと、皆様からお送り頂いた復元模型を紹介しています。

尚、公共性の高い内容であるため、本ブログの主旨にそぐわない内容や、他人への中傷ととれるコメントは警告なしに削除いたしますので、ご理解下さい。

イラスト提供アクアプラント
カテゴリ
お知らせ・その他
絶滅魚類大会
絶滅哺乳類大会
ペルム紀大会
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


一応のまとめ

どうも、今大会主謀者の片割れ、徳川です。

いや~~~~、大変だったんですよ~~~。
何がって、参加作品へのコメントが。
日頃馴染んでいる恐竜でさえ、そんなに詳しいとは
自信を持って言えないのに、今回は哺乳類ですからね。
本やネットで何度も調べながらのコメント書き。
特に『絶滅哺乳類図鑑』(丸善)、これには本当にお世話になりました。
そもそも、この本が無ければ絶滅哺乳類を大会の題材に
選ぶ事も無かったかも知れません。
これだけあらゆる哺乳類のデータが、しかも各動物に
復元画まで付いて紹介されている本、恐らく一般書レベルでは
洋書でも無いかと思います。
「今は特に絶滅哺乳類に興味はないよ」って方でも、
古生物に興味があるのなら買っておいて損は無いですよ。

今回、私は以前に製作した作品も含め4体出品している訳ですが、
反省点というか、お詫びというか、、、、
「毛のない奴ばっかりでゴメン」。
毛有り哺乳類で狙っていたカリコテリウムは
藤森さんが早速手を上げて、他の方ならともかく
主催者でネタが被っちゃ気まずいし、
他のネタだと、コレ!というのに限って思うように資料が集まらないし。
いざ、参加作品が集まって、毛有りの動物の造形を選んだ方は
皆さんやはり毛の表現で苦労しているのを見ると、
ホント申し訳ない!って気持ちです。

さて、この絶滅哺乳類大会はここからが始まりとも言えます。
皆さんで御互いの作品を見て、コメントをし合って、
さらに知識を深め、自分の造形欲を刺激して、次の作品の糧と
してもらう、そうなれば主催者として嬉しい限りです。
もちろん、参加者以外からのコメントもお待ちしておりますので。

次はどんな題材でやりましょうかね~。
[PR]
by tf-paleo | 2009-05-29 23:15 | 絶滅哺乳類大会
<< ケロビム・hiro 「ロドケタス」 第2回・古生物立体復元模型大会... >>