古生物復元模型大会ブログ。ロゴイラスト(ダンクレオステウス)は守亜和由紀さんによるものです。
by tf-paleo
TF古生物模型展示室とは
ここは、
「恐竜模型展示室」主催・ふらぎと
「AEG自然史博物館」主催藤森英二による
古生物立体復元模型の展示室です。
基本的に不定期に行われる統一テーマのもと、皆様からお送り頂いた復元模型を紹介しています。

尚、公共性の高い内容であるため、本ブログの主旨にそぐわない内容や、他人への中傷ととれるコメントは警告なしに削除いたしますので、ご理解下さい。

イラスト提供アクアプラント
カテゴリ
お知らせ・その他
絶滅魚類大会
絶滅哺乳類大会
ペルム紀大会
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


藤森英二「カリコテリウム」

e0133764_2014439.jpg
e0133764_20152065.jpg
e0133764_20162018.jpg
e0133764_20172258.jpg
カリコテリウム
学名:Chalicotherium sp.
材料:ファンド
スケール:1/10
大きさ:肩の高さ約16cm

 奇妙な前肢で有名な(?)、カリコテリウムです。系統的にはウマやバクに近いということで、特に顔付きなどはそれらを意識しています。
 さて、問題の前肢ですが、大きな勾爪も含め、高所の枝をたぐり寄せたり、時にはバキッと折ったという役割を想定してみました。それを視覚的に表現するため、ディオラマ風にしています。
 地面もほぼファンド。草はほうきの先と紙紐から。木については、幹は庭先に落ちていた実際の枝、更に本物の小枝を介し、針金にモデリングペーストと紙紐で凹凸を付けたものに、やはり紙紐を伸ばして作った葉をつなげています。
 もともと短い毛に覆われていたと考え、長い毛の表現になってしまうモールドは極力避け、金属製の小型やすりの削り目をそのまま利用してみました(この方法はエピガウルスの方ではっきりご覧頂けるかと)。
 但し塗装は失敗。いつものようにアクリル絵具の負で塗りですが、黄色味が余りに強いのと、各色の境界線がハッキリし過ぎたことで、生物として「ウソっぽい」感じが拭えませんね。個人的に手直ししたいところです。
[PR]
by tf-paleo | 2009-06-01 09:12 | 絶滅哺乳類大会
<< 藤森英二「エピガウルス」 山本浩司「ダエオドン」 >>